FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-12

地デジで騒いでいるどころじゃない?ジャパニーズアニメの現状

■B-CAS社の話題が絶えないですが
 最近、B-CAS社の『不要と言われれば退く覚悟はできている』という発言が話題になっていて、池田信夫氏が『B-CAS社の罪は「退場」では消えない』とか、GIGAZINEが『地デジの利便性を損ない、普及を妨げる原因となっている謎の私企業「B-CAS社」に行ってきました』あたりで叩かれてる訳だけど、本当に議論するところって其処で良いのか?と、ヒヤヒヤしながら眺めてる。もちろん、B-CAS社に問題あるのではないか?って話はドンドン調べていってもらって、より正しい方向に向かってほしいが、どっちにしろ、テレビというメディアが地デジっていう技術に力を入れてる事自体、トンチンカンというか本当にそっちで良いのか?と疑問に思ったりする。

■アニメ・漫画などの海賊版が手を付けられない現状
 日本の動画サイトニコニコ動画で『著作権侵害のアニメや映画を削除』に動いたが、海外はどうか?アメリカのGoogleVideoで、one piece manga 510で検索をかけるとワンピースの最新話を翻訳した動画が検索にヒットする。しかも、英語だけでなく、ドイツ語に翻訳されたものまである。この話って昨日でたジャンプの話じゃなかったっけ?中国のナンバー1検索エンジンで検索をかけると、アニメ動画漫画(翻訳済)が大量に検索にかかる。もちろん、韓国のNAVERも同様に検索をとかけると、ワンピース(服)が大量に検索にかかるが451などと指定すると、やっぱり翻訳された漫画検索にかかる。正直、削除要請できる量じゃない。isoshuあたりはどうなんだろうか?

■インターネットがやっぱり便利
 時間に拘束されるドラマやアニメなどのテレビ番組を毎回見るのは正直難しい。予約録画も非常に面倒だ。結局みない番組もどんどんたまっていく。そんな事なら、ネットで検索をかけて見逃した話を見る方が、画質は悪くとも便利なのではないだろうか?今では簡単な検索ワードで、それらを閲覧できるサイトが見つかる始末である。

■視聴率が部数がとかの問題じゃない
 これだけ、最新のものを大量にローカライズされ海賊版になるコンテンツも珍しい。視聴率が部数がどうのって言われている問題も国内だけの話で、世界的にニーズのあるコンテンツなんだから、もっと良い売り方があるのではないか?と思えて仕方がない。例えば、海賊版撲滅といかなくとも、本屋で見かける立ち読み用の数話冊子を動画サイトであげてみるなどチャレンジ的な要素がもっとあっても良いのではないか?コンテンツはあってもチャレンジしないのは宝の持ち腐れだと考える。

■参考記事
たけくまメモ : 竹熊さん、インターネットはヤバイですよ。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yasubox

Author:yasubox
面白さを搾り出せ!爽快!生!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
バナー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。