FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-26

『おらTravelingさ行ぐだ』からマッシュアップを考える

ニコニコ動画で、吉幾三&他のアーティストをマッシュアップするのが人気だった。だったというのも、大分落ち着いてきたん感じ。ブーム終焉か?

その中でも、一番人気だったのが、『おらTravelingさ行ぐだ』(ニコニコ動画版/YouTube版

吉幾三と宇多田ヒカルという「まったく接点のなさそうな曲調」が吉幾三を際立たせる原因になってる。簡単にいうと、「スターウォーズのダースベーダーのシーンを吉幾三に差し換えた感じ」と言えば分かってもらえるだろうか?シリアスやスタイリッシュな曲であればあるほど、吉幾三はウケをとれるのだ。

思えば、国内産のアーティストで初のマッシュアップブームかもしれない。それがよりにもよって吉幾三。いや、吉幾三だからこそなしえたのかもしれない。もちろん、perfumeのマッシュアップも非常に人気で、ニューアルバムが初のデイリー1位を獲得したのも記憶に新しい。

■マッシュアップは消されない?
実質、アーティストのマッシュアップ曲は音源を用いている時点でアウトだ。しかし、削除される様子はない。それは、何故か?限りなく憶測でしかないが、アーティストの相当なマイナスイメージにならない限り、優良な広告媒体として捕らえている(商業的理由)のと実は業界人も結構楽しんでいる(アミューズメント的理由)のではないだろうか。例えば、渋谷109の看板広告・2週間で 2000万円らしい。結構馬鹿にできない金額だし、売り出し中のアーティストには到底できない宣伝活動だ。そう考えると、ネット媒体が魅力的に映るのではと推測できる。

■ネットでチャンスを狙う
ネットから注目を集めようとしているアーティストが多く集うのがMySpaceだ。例えば、『Sweet Vacation』のページ、プロフィールから視聴・動画配信、ブログ、ライブ情報と簡単な公式HPのような作りを出来る。方針として、非常に正統派な展開と言える。先ほど述べたようなマッシュアップブームは、「故意的に起こす」のは非常に難しいからだ。それは、ニコニコ公式動画の苦戦っぷりを見ても明らか。「動画で遊ぶ」という分野においては何故かプロとアマの立場が逆転する。

そう考えると、ネットで「遊ぶ」のが上手なプロが注目を集める事が出来るはず。
さて、誰の事だろうか。


AUTHOR: つやつやリーダー DATE: 05/11/2008 22:48:49 吉幾三の凄さが良くわかりました。(笑)
ラップ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yasubox

Author:yasubox
面白さを搾り出せ!爽快!生!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
バナー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。