FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-12

著作権に振り回されるブログ・SNSに未来はあるのか?

■mixi「ユーザーに著作権」を明記

 mixiの発表によると、現在、
利用規約改定に伴う条文修正とQ&Aの公開ですが、現在社内において慎重に検討を進めております。
mixiの著作権問題は、従来のBLOGが歩んできた落しどころに落ち着く気配がある。

停滞感が否めないブログ・SNSは今後どうなってしまうのか?



■権利がオープンなニコニコ動画

 逆に、ニコニコ動画は非常にオープンな土壌を築いている。
 良い例が「メルト」という楽曲。「メルト」はVOCALOID初音ミクに作曲した歌を歌わせたモノ。ニコニコ動画では3月12日現在で再生数150万オーバー、YouTubeで再生数22万オーバーを獲得している。しかし、世間の印象としては、まだまだオタクのオモチャとして認識されているのは「アッコにおまかせ」騒動を見ても明らかだ。

 ただ、話はそれで終わらない。「メルト」の楽曲に男性ヴォーカルが歌った『「メルト」を歌ってみた(男性用キー上げVer.)』(ニコニコ動画Ver/YouTubeVer)が人気を博す。これは、「メルト」に感動したインディーズボーカルグループ「absorb」が思わずマイクをとる。いわゆるブレイク前のプロが初音ミクの楽曲をカヴァーし、一時祭り状態となった。
メルト祭り - さぼり記 より

 さらに、3月1日でニコニコ動画では引退に伴う削除された女性Verガゼルも興味深い。現在は、YouTubeで聴くことが出来る。

男性(halyosy)ヴォーカルVerが再生数65万オーバー。コメント5万オーバー。
女性(ガゼル)ヴォーカルVerが再生数100万オーバー。コメント28万オーバー。

それだけじゃ終わらない。

セッションものも豊富だ。

 『一人でメルトとかセッションしてみた』(ニコニコ動画Ver/YouTubeVer
キーボード・ベース・ドラム・ギターがそれぞれUPした動画を繋ぎ合わせた
 『メルト-Band Edition』(ニコニコ動画Ver/YouTubeVer)。
さらに、歌を加えた
 『メルト-Band Edition-女性キーVer-歌ってみました。by歌和サクラ』(ニコニコ動画Ver/YouTubeVer
などの盛り上がりも見せる。

ニコニコ動画で『メルト』で検索をかけると2,349件。YouTubeだと245件の動画がHITする。
『メルト』を聴いて告白しようと決心した人までいたらしい。(メルト祭りアナザーストーリー::オフロードな人生)

 『メルト』の作曲者はこの状況をどう考えてるのだろうか。もちろん、憶測でしかないが、思っていた以上の反響で喜んでいるのではないだろうか?そこに楽曲を勝手に使われた云々の気持ちはないだろう。

 それは何故か?
 
 ニコニコ動画自体がそういった土壌を築きあげているからだ。才能がある人が楽曲をし、それを使って、才能がある人が伴奏・歌う・踊る・動画やイラストを付ける事が許される。まさに、皆『にこにこ』出来るならそれが一番良いんじゃない?っていう空気がある。それは、勝手に出来上がったものではなく。ニコニコ動画そのもののシステムがそれを可能としているのだ。



■権利がオープンなブログ・SNSの可能性は?

 もちろん、ブログ・SNSにだって可能性はある。
 現に、Doblogでは夏祭りを実行し、Tシャツなどのグッツや露天・イベントなどをブロガーが有志で行った。可能性はある。

 例えば、面白い実話の記事があったとして、それを誰かが漫画にしたって、話を書き加えて小説にしたって、フィットする写真を追加したって良いし面白いと思う。もちろん、オリジナルを尊重する事は必要であるが、もっと自由に個々の才能を発揮しても良いんだよと言いたい。

 ただ、実際に誰かの記事に自分が勝手に手を加えられるだろうか?
 答えはNOだ。

 まず、自分にあった記事を見つけるのも一苦労だし、
 自分のブログをそういった目的で使い始めた人はほぼいないだろう。
 やりたくたって、相手に気が引けて出来ない。
 その記事は、そのブログの管理者のものだからだ。
 他人のものに手を出しづらい空気がブログ・SNSにはある。

 面白い・楽しい可能性を狭める程の権利ってなんだろう?

 可能性を提示するのはユーザーではなくサービスを提供する側の仕事だと考えている。
 サービスを提供する側がワクワクするもので無ければ、ユーザーがワクワクする事は難しい。
 何せ、サービスはフィールドで、ユーザーはその上で戦う(遊ぶ)プレーヤーに過ぎない。そこはユーザー頼みにするとまずいのではないかと考える。

■参考記事
「著作権は混迷」「ダメと言ってもネットは止まらない」──東大中山教授 - ITmedia News
【仁義なき】やる夫で学ぶ著作権?【動画配信】:ハムスター速報 2ろぐ

 
 
 



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yasubox

Author:yasubox
面白さを搾り出せ!爽快!生!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
バナー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。