FC2ブログ
2005-01-30

コメントスパムをやっつける

前々から、ブログのコメント欄を利用した逆リンクによる宣伝活動コメントスパムが横行していた。検索エンジンにかかり易いブログを狙っての事で、それなりに効果が発揮されていたようだ。

その問題に検索企業が対策を打って出たというお話。
「コメントスパムにみんなで協力する 」 
最近、検索企業がお互いに協力し、ハイパーリンクを生成するタグである<a href>の新たな属性を決めるという画期的なできごとがあった。属性(attribute)というのはご存じのように、HTMLタグの中に記述して、そのタグがどのようにレンダリングされたり、表示されるかを規定する情報である。

 新しい属性は、このタグにrel="nofollow"と記述するものだ。今後、GoogleやYST、MSN Searchはリンク先のタグにrel="nofollow"という属性を見つけたら、ページの評価を行なわず、ランクの対象外にすることになった。ブログのコメント欄などにこの属性が付加されていると、いくらこのコメント欄にスパム書き込みを行なっても、スパマーがページランクを増やすことはできなくなったのである。これはブログのコメントスパムには、ある程度は有効な対応策だと考えられている。

 Googleなど検索エンジンの側は、コメントやトラックバックなど、自動的にリンクが生成される場所に実装することをサイト管理者に勧めている



残念ならがら、HTMLを編集できない環境のブログ(一部のブログホスティングサービスなど)は個人で対応できないが、各所対応していくのでは?と考えられる。検索エンジン大手3社が共同で(しかもブログ上で)発表した事も時代の流れを感じる。一部、ブログブームは終ったかの様に語られる事もあるが、発展の余地がある限り市場は拡大するだろうし、大規模なブームも起きるかもしれない。これからの動きにも期待していきたい。</a>

スポンサーサイト



2005-01-30

Orange Brid

ディズニーショップに所用ででかけたんですが、そこで見慣れないキャラクターが。

「FLORIDA ORANGE BIRD」というキャラクターで、
フロリダオレンジ協会のマスコットとしてウォルト・ディズニーがデザインしたらしい。
ほぅほぅ。

折角なので、ヨーヨーを一つ買って帰ってきました。
なんで、ヨーヨーを作ったんだろ?
意外に木と糸で出来た昔ながらのヨーヨーでついつい惹かれて買ってしまいました。

調べたら、いろいろあるみたいですなぁ。
クリアファイルもちょっとほしかった。


2005-01-18

ライブドア、SNSに参戦。Doblogは?

内山幸樹のほっとBlog経由

ライブドア、ソーシャルネットに参入
ライブドアは1月16日、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「livedoor フレンドパーク」のβ版を公開した。
 livedoorサービスとの連携は近く実装する予定。アバター機能やlivedoor Blogとの連携に加え、「livedoor デパート」で購入した商品を公開したり、DVDレンタルサービス「ぽすれん」の作品レビューを掲載するといったことが可能になるとしている。

とのこと。
購入しなきゃダメなんですか。。。

少し気になるのが、ホットリンク社長の一言。
さてさて、doblog もどのタイミングで、ソーシャルネットワークサービスを本格的に導入するのか?
見てのお楽しみです。

え゛、DoblogもSNSするんっすか。
しかも、導入って言ってらっしゃいますなぁ。
という事で、気長に待ちたい。

続きを読む

2005-01-16

結構ブログネタってカブリ易い!?

BLOG界の出来事経由で面白い記事を見つけた。

「ブログはインターネット全体を変える存在」ニフティの清田一郎氏
実のところ、文章は余り関係ない。
気になるところは、記事の上にある画像の文字。
みんなでつなげよう!ブログの輪

実は、Doblogにも昔、似た企画があった。
みんなでひろげよう、Doblog他薦の輪
タイトルそっくりである。

他にもこんなのがある。
トラックバックカフェ(AOL)
トラックバックカフェ(melody of Life)
そのまんまである。

ん~、確かにブログのコミュニティとか、トラックバックとかのネタを考える際、タイトルは非常にかぶりやすいもの。大体、Doblogが始まる前にDoblogっていうブログもあったようですし。見つけると何となく気になっちゃいますよね。

続きを読む

2005-01-16

ニュースソースをどこまで信用するか

ニュースソース。特に信頼性が高いと思われる新聞社の記事でも、誤解を生む文章が書かれている事がある。
少し前にブログでも話題になった記事があった。
「「事故防げた」再捜査で青信号側を起訴…信号無視死亡」読売新聞
大阪府門真市の交差点で2003年2月、信号を無視した乗用車と、男性会社員(33)(大阪府豊中市)の車が衝突、乗用車の2人が死亡した交通事故があり、大阪地検が業務上過失致死罪で不起訴処分とした会社員について、再捜査し、先月一転して在宅起訴したことが7日、わかった。
 地検は当初、相手の信号無視を重視し、互いが交通ルールを守ることを前提とした「信頼の原則」に基づき、会社員の過失責任を問わなかったが、事故現場の見通しが良かったことも考慮し「会社員が前方を注視していれば、事故は防げた」と、処分を切り替えた。交通事故厳罰化の流れに沿い、ドライバーにより高度な注意義務を求める判断となった。
(一部引用)
この内容を読むと、「青信号である事を確認している(ルールを守っている)車が突然飛び出して来た車と事故になった上、最近の交通事故厳罰化の流れの煽りを喰らい在宅起訴された」という印象が強い。しかし、もう一つの記事を見てみた場合その印象は異なる。

「責任は青信号を遵守したクルマにもあり」
青信号側のクルマを運転していた運転者を「赤信号を無視して進行するクルマの存在破予測できない」として、嫌疑不十分で不起訴処分に、赤信号を無視したクルマの運転者は被疑者死亡で同様に不起訴となった。しかし、赤信号を無視したとされるクルマを運転していた男性の遺族は「事故現場は普通の交差点ではなく、クルマの破損状況から青信号側のクルマの速度超過が事故原因のひとつになった可能性が高い」として、同年6月に大阪第二検察審査会に相手の不起訴処分を不服とする申し立てを行った。 (一部引用)
つまり、現場の交差点はかなり見通しの良いところで、さらに青信号側のクルマを運転していた運転者の過失を殆ど調べていなかった事が分かる。事実、再調査の結果、初めて、”交差点の約100メートル手前で信号無視している車を確認できた”事と”青信号側のクルマを運転していた運転者は制限速度を30キロ以上オーバー(時速90キロ)で運転していた”事が分かっている。という事は、事故の際に青信号側のドライバーは自分の有利なように虚偽の証言をしていた事になる。

よく考えてみよう。見通しの良い場所で約100メートル手前で確認できた、オリンピック(または学校での)100メートル走の距離で確認できたとすればイメージがわきやすい。その距離から信号無視をしてきた車が時速20キロ(徐行)で進入してくる訳だ。普通なら手前で止まれるし、最悪軽症ですむだろう。なんせ、時速90キロで100メートル手前と考えると4秒ぐらいある。極端に言えば、信号機手前100mで4秒間真上を向いて時速90キロで運転するようなもんだ。そら事故るだろうと。しかも事故後に虚偽の証言をしていると思われる。そう考えると、起訴は妥当ではないだろうかと。つまり、両者とも(赤信号側は死亡により不起訴だが)起訴に値する過失を行った為起きた事故という認識で良いのではないか。

読売新聞の言う”交通事故厳罰化の流れに沿い、ドライバーにより高度な注意義務を求める判断となった。”訳でもないし(「信頼の原則」が軽視されてる訳ではない)、ましてや昔トラックにひかれて死亡した幼児の事例は青点滅横断歩道を渡りはじめましたが、赤となって引き返す途中、発進した大型ダンプカーに接触して倒れ、ひかれて死亡したケース。例え「信頼の原則」が用いられたものであっても今回のケースとは違うのではないか。同様の捜査ミスが原因という部分を捉えるとしても”交通事故厳罰化の流れに沿い、ドライバーにより高度な注意義務を求める判断となった。”という表現と一致しない。結構グダグダな記事に思える。

安易に1つのニュースソースだけを信用するのは余り好ましくない。何故ならば、事の事実がごく一部だけであったり、内容が偏っている事が多いからだ。特に、自身がブロガーでその内容を取り扱う文章を書く場合は注意したい。ただ、同じ1つの事柄でそれぞれ違う認識をもった人がTBを打ち合ったりして交流するのもブログの面白さである訳だが。
(2005/01/16 3:30 誤った表記(一審・二審)を修正)

■参考ニュース
「「事故防げた」再捜査で青信号側を起訴…信号無視死亡」
「責任は青信号を遵守したクルマにもあり」


■参考記事
「信頼できない原則」}{ollow dayz
「おまえ!バカか!」ブログちゃんねる

続きを読む

2005-01-13

7分で分かる12月のBlog界

ITmedia エンタープライズより、毎月恒例の記事があがってましたね。
7分で分かる12月のBlog界
もうすっかり定番記事ですねぇ。

2005-01-11

クターの粉祭!結果発表!

長きに渡り戦ったクターの粉祭りもついに終焉!
皆さんお疲れ様でした。
当初より大活躍のGQNさん448粉でみごとランクイン!!
毎年の目標どおりDoblogからランカーを出す事に成功しました!
ありがとう。皆強すぎですよ

ただ、気になるのが、3位にシーサーのブロガーが!!!
なぬ!ブロガー1じゃないのか!!
って事で、次回頑張りましょう。

皆さんの結果は、以下の通り。

1位 GQNさん 448粉
2位 karesansuiさん 360粉
3位 tanakenさん 281粉
4位 kyouheiさん 238粉
5位 おこばさん 217粉?
6位 yasu-box 209粉
7位 渦さん 183粉
8位eveさん 80粉?
takayanさん</b>
全9名。次回もよろしくお願いします!!
もうそろそろMACでも対応できる企画も考えたいところ。
というか、次はコチラか???


続きを読む

2005-01-10

毎年恒例!クターの粉祭!終了!!(集計中)

今年もやってきました!クター祭!!
去年は、クターのマニュファクチュア祭で盛り上がったが、
今年は「クターの粉」で年忘れですよ!

■クター祭 目的
クターの新作ゲームを皆でプレイしWEBランキングにブロガーの名を刻むこと。

■参加条件
ブログを持っている事



■参加方法
1.「クターの粉」を公式ページからDL
2.ゲームをやる
3.記録をAlt+PrintScrnして画像を作る
 1.Alt+PrintScrnで画面をコピー
 2.ペイントを開く
 3.Ctrl+Vで貼り付け
 4.保存
4.記事に記録を載せこの記事にトラックバック!
5.期間内なら何度でも更新可

■期間
2004年12月28日~2005年1月10日まで

■推奨環境
OS: 日本語版Windows98/Me/2000/XP
CPU: PentiumⅡ300MHz以上
メモリ: 128Mbytes以上
ビデオ: 640×480 16ビットカラー色以上
サウンド: WAVEサウンド機能必須
HDD: 20MBytes以上の空領域
DirectX: DirectX7以上のランタイム環境
またMACは駄目なのね。。。



■中間発表!(2005/01/10 16:53:35現在)
1位 GQNさん 448粉
2位 karesansuiさん 360粉
3位 tanakenさん 281粉
4位 kyouheiさん 238粉
5位 おこばさん 217粉?
6位 yasu-box 209粉
7位 渦さん 183粉
8位eveさん 80粉?
takayanさん

現在9名。前回同様、最高400オーバーでGQNさんがダントツのTOP!
ブロガーのランキング入りという目標は早くも達成です。
殆どの方が200粉前後に密集。
今日で終わり。どうなるかな?


続きを読む

2005-01-10

ヤプログが凄い勢いで伸びているらしい

BulkfeedsのTools Shareによると、ヤプログが現在も凄い勢いでシェアを伸ばしていて、はてなやライブドアブログを抜くのも時間の問題のよう。球界再編騒動もオフで一旦落ち着いた為かライブドアの伸びは落ち着いてきている一方、ヤプログは順調に伸びている。貧乏だけど心は萌えさんの所によると、「じゃぁ、なんで、ヤプログが急増中なのかといえば、女性人気ではないでしょうか? 」との事。ふむふむ、確かにデザインやアイコン。フォントの色や大きさなども多彩に変えられる部分なんて女の子向けっぽい。。。というか、すごい若い人(特に子供)が多そう、というのが人気ランキングを見た印象だった。確かに時間がある層といえば、学生か専業主婦層になるわけで、その層に一番受けそうなヤプログが伸びるのは必然かもしれない。話は戻るが、JUGEMもGMO(ヤプログ)傘下だから、総合ではすでにTOP?とも思わなくもない。

それもあっての事か、1月12日よりlivedoor Blogのトップページがlivedoorのトップページと融合するらしい。これを機会にブログのユーザーを他のコンテンツに誘致するのが狙いか?というのは実はどうでも良くって、心配なのは、livedoor Blogのトップページlivedoorのトップページを融合して使いにくくなるんじゃないか?という事。情報量からいって、単純にくっつける訳にも行かないだろうし、かといってコンテンツを削ってくるのも問題な気がする。後、心配なのがアクセス負荷でトップページが落ちたり重くなったりって事はないだろうかと。どちらにしろもうすぐ明らかになる訳で、楽しみにしていたい。

■関連記事
「おそらく数日以内に、Bulkfeedsでの集計では、LivedoorBlogでのBlog数は、ヤプログ!に抜かれることになりそうな感じ」アキバBlog
「」


2005-01-01

行くぜ!トラックバックで除夜の鐘2004

JINさんのとこでやってる企画[■トラックバックで除夜の鐘2004]
いきまっせ!
2004年に捨て去ってしまいたいあなたの短所、悩み、煩悩を
綴って、『ゴーン』という鐘の音と共にTBしてください!
更に詳細は「トラックバックで除夜の鐘(2003年ver)」参照

締め切りは明日の朝6時まで。

PANDAFUL LIFE×melody of Life×CHANNEL50%という一時、
Doblogの企画物をやりまくってたメンバーでお届けするこの企画。
何かと色々あった1年!うし。書くぞ!

この人はきっと先走って書いたというか予知!?女の感!?
ありがとう2004年

2004年Doblogを振り返る
 2003年11月DoblogというBlogポータルサイトがスタートした。当時、BLOGって?という状況で、皆探り探り書く情況が続いていた。他のBlogでは、Blogとは?トラックバックとはどう使うのか?という話があり、BLOGのことを書くBLOGを確かメタログとか言ってた気がする。

 さて、Doblogはというと、まずCSSでのカスタマイズやHTMLタグをどう使うか?というものが人気があったように思う。他のBLOGに気軽にトラックバックできず(使い方も知らない人が多かった)、日記を書くパターンが多かった。その内現れたのが、トラックバックを利用した企画だった。WEB占いや、初めてのキスは?とかの質問系で初めてトラックバックを利用した人も多かったのではないだろうか。

 その内、明るみに出てきたのがDoblog機能不足問題だった。記事の表示が今とは違い1ヶ月間全ての記事が表示され月末には記事が表示されすぎて重たく、次の月には何も表示されないのが標準仕様だった。ユーザーは月初めに前月のリンクを載せた記事を書くことでなんとかしのいでいたが、当時、編集部とユーザーをつなぐものがメールによる問い合わせしかなく、まったく対応されない事に怒りを感じたユーザー達がDoblogをはなれる現象が起きた。その後、順調に機能は改善され、他のBLOGからの移転先にあがるまでになった(その後、Doblog激重時代なども起こる)。

 去年はDoblogも含み、大きな問題となっていたのは著作権だったのではないだろうか。Doblogの場合、度重なる編集部との交渉・説明の結果、特に現在問題は起こっていない。ただし、最近のライブドアの利用規約変更などをみていると、まだまだどうなるか判らない状況かもしれない。無茶な規約変更もそうだが、いかにしっかり説明することが大切かがわかった出来事だったように思える。

 ユーザーの移転も多い年だった。様々な理由により、ザイーガや、人生ハイ&ローなどのDoblogを代表するBlogが他のサービスに移っていったのは非常にショックな出来事だった。ブックマークランキングなどでも、移転、更新がなくなったブログが残っている状態も少し考え物かもしれない。今年も、編集部様には頑張って頂きさらに良きサービスにしていってほしい。

2004年のyasu-boxまとめ

・「Doblogの使い方:非公式親切版β」閉鎖
色々お騒がせしたサイトも閉鎖。
サイト削除ボタンを押すときは、さすがに寂しくなりました。
あぁ、終わるんだなって。
UZ1氏と打ち合わせした日々が懐かしい。
覚えてる人が何人いるだろうか??

・Doblog夏祭り参戦
ネットワークスタッフとして裏で活動。
密かに、パンフ作りが楽しかった!!!
打ち合わせしたりね。スケジュールタイトだったりね。
ホント(自分以外は)頑張ってたよ。

・Doblogの教えてプロフィール別サイト化へ!
誰もしらんちゅーねん!!という具合にこっそり。
Doblog検索機能が消えたんで更新もできず。。。
まだ、回っているのか??ホント皆さんには申し訳ない。

・旧友サカオDoblog参戦
ナイスガイでやさしい旧友がBlogを書き出す。
その直後、Doblog激重時代へ突入。
めちゃショックを受ける。

・西武優勝!!!
誰もがBクラス?と思っていたのに日本一を獲得!
西口、森、豊田、カブレラと主軸が故障してもこれだけやれるとは。
今までの西武ファン人生の中で一番熱い年だった。
なくならなくってよかった!

・仕事が変わる
前職と扱う言語が違うので四苦八苦。えぇ今年も頑張りますよ。

・何回か飲みの誘いを断ったり、遅れたりとか
今日も、昼から遊ぶ予定が、18時からに。。。
わざわざ集まってくれたのにすまんっす!
4連荘の飲みはもう無理かも。。。2連続朝帰りで、
殆ど寝てない。歳を感じた。

2004年の煩悩
・気安く約束をしない
なんか、気がつけば約束だらけになってる自分。
えーっとなんでそんな約束したんだっけ???って事もしばしば。。。
今年はその約束を少しずつ果たす年にしたいです。(希望)
増え過ぎないように注意せねば!

続きを読む

プロフィール

yasubox

Author:yasubox
面白さを搾り出せ!爽快!生!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
バナー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる