FC2ブログ
2008-04-20

スパムの語源


迷惑メールのブログ版、スパムブログは排除できるか!? 日経トレンディネット
 読みたくもない下品な広告などの迷惑メールを「スパムメール」と言うが、最近は迷惑情報全般を「スパム」と呼ぶようになった。スパムはもともと肉の缶詰の商品名だが、これが迷惑メールの意味で使われるようになったのは、1970年代のイギリスのコメディーグループ、モンティ・パイソンのコントに由来する。レストランで男たちが「スパム、スパム、スパム」と連呼して会話を妨害する、このコントのような迷惑行為を「スパム」と呼ぶようになったらしい。
YouTube - Monty Python - Spam

何言ってるかさっぱり分からないけど、何故スパムの語源となったか分かる動画。
あ~すごくSPAMがスパムっぽい(笑)

これからスパムが来るたびに
缶詰と「スパム、スパム、スパム」と叫ぶコントを思い出す事になるだろう。

和む。


続きを読む

スポンサーサイト



2008-03-28

Blog 訪問者「50人以上」のハードルは高い?低い?

『Blog 訪問者「50人以上」には相変わらず越えられない壁~ブロガー調査』
Blog を運営中のブロガーを対象に、Blog の運営状況を調査した。
(中略)
その結果、1人~50人の間に回答が集中しており、内訳は「10人~50人未満」23.0%(69人)、「5人~10人未満」17.7%(53人)、「1人~5人未満」19.0%(57人)となっている。「1人未満」7.3%(22人)を加えると全体の67%だ。

50人以上を選んだブロガーは、「50人~100人未満」7.7%(23人)、「100人~300人未満」5.3%(16人)、「300人~1,000人未満」2.3%(7人)、それ以上が0.6%(2人)で、“50人以上”の訪問者数に大きな壁がある。

 つまり、現在もブログを更新している人の内、67%は訪問者数が50人を下回るブログという話。このデータから、『一日の訪問者が50人以上のブログは、むしろマイノリティであった』と仰ってる方もいて、確かに自身の『ブログの価値』を図る物差しとして効果はありそうだ。とりあえず、1日に50人ブログを見てもらうという目標も悪くないかもしれない。

ただし、注意したいのが同記事の以下のデータ。

「ほぼ毎日」との回答は17.3%(52人)。ブロガーの6人に1人以上はほとんど毎日、Blog を更新しているようだ。次に頻度の高い「週に2~3回」との回答は最も多く、25.7%(77人)。4人に1人程度は、週の半分程度は Blog の更新を行っているようだ。

これらに「週に1回」9.7%(29人)をを加えると半数を超える。ブロガーの半数以上は、週に1回以上の Blog 更新を行っていると見ることができる。

ブログ更新頻度が「週に1回」以下なのが過半数というデータだ。
あくまで、仮説だが1日に訪問者数50人以下のブログの更新頻度は「週に1回」以下が多いのではないか?と考えられないだろうか。そう考えると、「週に2~3回」以上の更新頻度が高いブログ(43%)のマイノリティは21%に入ることだから、0.6+2.3+5.3+7.7=15.9%
お、自身が「週に2~3回」以上の更新頻度と仮定しても、1日に訪問者数50人以上あれば少数派。

「ほぼ毎日」(17.3%)だと、マイノリティは8.6%。100人以上とハードルは高めになる。

もちろん、ブログでアクセス数を競う必要もない。ただ、自身の更新頻度の中でマイノリティになる事を目標とするのも悪くはない考えだ。

2008-02-21

「Japan Blog Award 2008」一次通過基準は?

「Japan Blog Award 2008」の二次通過通知が始まっているようです。

 つまり、Doblogでエントリー方々のブログが残念ながら一次通過出来なかった結果に終わってしまいました。非常に残念な気持ちと、本当に一次通過のハードルはそれ程高かったのか?という疑問から、今回の一次通過基準を「考察」したいと思います。

 まず、一次通過されたブログを片っ端に見てみる事から始めました。確かに多くの通過したブログは記事にもボリュームがあり、文章力もあるようです。しかし、自身の「Doblog好き」を考慮しても、他薦したブログが彼らと実力差があるようには思えませんでした。
「"Japan Blog Award 2008" 一次」の検索結果 - Yahoo!ブログ検索
1.ブログ(Doblog)の実力不足な訳ではない。


 実力ではないとすれば、なぜこのような結果になってしまったのでしょうか?それは、一次通過されたブログにその答えがあるようです。
「"Japan Blog Award 2008" メール」の検索結果 - Yahoo!ブログ検索
 それは、「選考通過連絡が必ずメールでくる」事。つまり、エントリーの際に「連絡先のメールアドレスを入力」してないものは敬遠されたのではないか?という考えです。元々、選考スケジュールに無理があったように思えます。また、他薦自体、推薦されたブログの管理人にとって歓迎されない事も多々あります。その為、応募要項に以下の文章が掲載されていました。
主催者と応募者間で紛争が生じた場合の準拠法は日本法とし、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とするものとします。
 つまり、応募ブログとのトラブルを募集前から避けたがっていた傾向が見受けられます。ちなみに、私がエントリーした際は、大量のエントリーをする為、必須事項でなかった他薦先のメールアドレスはほぼ省略していました。
2.連絡がとれない他薦は、スケジュールなどの理由により敬遠された可能性がある


 以上が、Doblogのブログがなぜ通過出来なかったか?という考察になります。実は、かなり選考に不満を持った為、運営に問い合わせのメールを送付しましたが恐らく返信はないでしょう。

 他薦させて頂いたブログが実力不足だった訳ではありません。楽しみにされていた方は、お気落ちのことと思います。しかし、自身が他薦したかったブログには変わりありません。その気持ちを汲み取って頂き「Japan Blog Award 2008」という祭りを楽しんで頂ければと考えております。

続きを読む

2008-02-08

「良いブロガーの見分け方10か条」に愕然する人々

「良いブロガーの見分け方10か条」に愕然する人々
良いブロガーとなるための10項目を紹介しているサイト「404 Blog Not Found」が話題となっている。
 この条件に対し、実際にブログを書く人たちからは「やばい、ほぼ全部当てはまらない…… 良いブロガーじゃないって事だねぇ('A`)」、「すばらしいです。一番最初の項目から、すでに怪しい…、とおもった自分にちょっと、がっかりしました」などと愕然とする人も多い。やはり良いブロガーになるための道のりは険しいのだろうか…。


んで、等の記事がこっち。
404 Blog Not Found:良いブロガーの見分け方x10
1.blogに対して情熱がある

2.仕事場でも趣味で書くぐらいが必要

3.技術的な話題に限らず、話し出したら止まらないような人が良い

4.自分で勝手に学び続ける

5.目的を達成するために最適な技術を選べる

6.自分が正しいと思わない意見に付和雷同することを不快に思う人が良い。

7.多くの話題で会話が可能で、賢いように思える人が良い

8.大学/会社に入る前からblogをやっている人が良い

9.履歴書に書かれていない経験が多い人が良い

10.職務とは関係がない関連技術に関する知識が豊富にある


ってな具合ですが、ぱっと見面白いブログの探し方ではないですね。

んでもって、「自分に当てはまらない」ってお嘆きの方も多いみたいですが、あくまで『見分け方』であって、自分に当てはまるかどうかって文章ではないことに注意したいですね。つまり、こんな事項に当てはまる友人がいたらラッキーぐらいの事だと思います。逆に自分が当てはまってると、他のブロガーからひっぱりだこって事もありえるのかも?ありえそうですね。うんうん。

因みに、Doblog使ってる時点で当てはまらない部分も多いんで、この際引越しを
!!何てことはしないな。絶対。勉強用に別ブログ作るのは良いかもね。

2007-03-04

読者を惹き付けるブログのタイトル

ITmedia Biz.ID:ブロガーに共通する“5つの悩み”とは?を読んでたら面白い記事を発見!

『読者を惹き付けるブログのタイトル』Cheat Sheetを作らされたw
【01】 誰が○○を欲しい?

・他に誰がこのブログテンプレート欲しい?
・他に誰がこの仕事したい?
・他に誰がWiiのこの情報欲しい?

【02】 ○○の秘密

・アルファブロガーの秘密
・成功する為替の秘密
・安く家を買うための秘密


上記は、17の内の一部だけど、「ん~スパムみたい!」っと思った人は多いかな。
まぁそれだけ知らない人でもついつい見てしまう言葉なのか!?
きっと、スパムでも学べる所ってあるんだろね。
あのぐらいの積極性がほしいよホント。(いや積極的過ぎるか!?)

プロフィール

yasubox

Author:yasubox
面白さを搾り出せ!爽快!生!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
バナー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる