FC2ブログ
2008-02-08

あっと驚く為五郎!

BLOG紹介第39回目で御座います。
『あっと驚く為五郎!』というBLOG。

特に、YouTubeなどの動画サイトから見つけてくる『おもしろ動画』『びっくり動画』は一通り目を通しておいて損はない。

おすすめは、
『紙だけで作られた仰天の立体模型たち 』
『砂のファンタジー - Ilana Yahav 』
などの芸術や
『ドラクエの呪文を再現してみた 』
ってくだらな過ぎるのもおもしろい!


スポンサーサイト



2008-01-24

SEが薦める役に立つ フリーソフト & ソフト

BLOG紹介第38回目で御座います。
『SEが薦める役に立つ フリーソフト & ソフト』というBLOG。

今回はまったくの私用!覚書!化しています。

SE・プログラマにとって、便利なソフトを前もって準備しておく事は仕事の高速化に繋がります。極端な話、丸一日かかってしまう事がものの30分で解決!っと言う事もなくはないのです。てな訳で、多くのSE・プログラマはそう言ったソフトをバックアップしてたりリンクリスト作ってたりなんですが、面倒なのでこう言ったサイトにリンクを残しておくと便利。あとは、WinMergeSmCsvMatchWinkもリンク。

上記ブログは、PC使っている人なら便利と思えるフリーツールもいっぱいあるので見てみるのも良いかもしれませんね。


続きを読む

2008-01-17

爺さんのひとりごと

たぶんBLOG紹介第37回目で御座います。
73歳近藤さんのブログ(日記?)が和む。
『爺さんのひとりごと』というBLOG。

「松下の社名変更に思う」では、
「明るいナショナルなんでもナショナル・・・のCMソングで」と年代を感じさせながら
「これぞ「オレにはカンケイない!」という事か。」と、ハイカラな一面を見せるお爺ちゃん。微妙に違うところもツボです。

パソコン暦は、
「1996年頃、民生用のビデオ編集では斬新的な、Vaioを40万円も出して買ったのが爺さんのPCとの付き合いだった。そのPC、DVノンリニア編集機の触れ込みで、ビデオの編集を試みた」
とあるように結構長く、しかもパソコンに詳しい。なんかカッコイイ爺ちゃんだ。こんな年のとり方も良いなぁと思う今日この頃。


■参考記事
73歳近藤さんのブログ人気…平戸


2007-03-30

今、面白い芸能人のブログ5

ブログが流行しだした数年前より、かなりの数の芸能人ブログを見られるようになった。
というか、猫も杓子も芸能人ブログである。
「いや~実は昔からHNでブログやってて」
とカミングアウトする人もいる始末ですよ。
いや、お金払ってブログ書いてもらってた(であろう)時代が懐かしいっすね。

と、冷め気味なトークから入った訳だけど、
でも、やっぱり面白い芸能人ブログってやっぱり少ない!
(好きな芸能人なら面白いという論理は抜きにして)
という事で、個人的な独断と偏見と芸能人ブログをクリックしまくって痛い手を元に、
なんか思わずブックマークしたくなるような芸能人のブログをピックアップしてみる。


1.ルーブログ
とりあえず、何言ってるか分からないルー大芝のブログ。
今のワールドもったいないだらけ・・・。命の尊さや、物の大切さを、アゲイン私を含めエブりバディでシンクしよう。そうすれば地球環境もリトルは改善出来るのではないか・・・。なんか凄い良い事を言っているような気がするが解読が困難だ。
翻訳コンニャクがほしい。

間違いなく、今までのブログの中でルーはホットでキャッチなメンだが、ディフィカルトでとてもファニーだ!






2.青木さやか BLOG

お笑い芸人青木さやかのブログ。
期待を裏切らない記事が多いのが特徴。
最近で言うと、
「ストラップの悲劇。」
「空。」
何かがオススメ。

青木さやか自身が、実はブログ向きな人間なのかもしれない。
何故か「自分のダメっぽさを堂々と、時に弱さを消極的に書ける女性」のブログって面白いのが多い。

女性の本音って男性から観ても女性から観ても面白いし、
自分をちょっぴり貶める事で、反感も買いにくい。
ただ、さらにほんの少しのセンスがさらに必要なんだけど、
「うまく狙ってるよな」ってうなっちゃう。
文章の改行具合も読みやすいのが良い。





3.マナ・カナ のスマイルブログ
双子芸能人マナ・カナのブログ。
もう、「双子が二人で書いているブログ」ってだけで反則じみてる気がするが、
それだけと思うなかれ!

1つの記事の文章ボリュームも程々に読み応えあるし、
内容も飽きにくさがある。
若い子のブログに有りがちな、大量の絵文字やアイコン群が無く、
効果的に見える程度のフォントの拡大や絵文字がある程度だからかと。
「読みづらい」のも飽きるし、
「コンパクト過ぎ」ても飽きる。

日頃の出来事もきっちり内容書いてるし、
たぶん何回か書き直してから公開してるんじゃないかな?
かなり好印象になるブログ。





4.ドブロクの唄 /松尾スズキ
人気劇団「大人計画」で俳優、演出家、脚本家など様々な事をこなす松尾スズキのブログ。

今回のブログの中ではちょっと特殊かもしれない。
一歩間違えば、普通の日記。
いやむしろ普通の日記で凄く見る人を選ぶかもしれない。
何しろ普通の日記だから。
だが、何も持って「普通」とするかは、
結局、「普通」と言った人の価値観であり
「俺って普通の人間じゃん」というエゴイズムに過ぎない。

と言うように、何でもないような事を、
良く言えば「哲学的」、
悪く言えば「淡々と斜めに進んでる」ようなブログ。






5.眞鍋かをりのココだけの話

初代「ブログの女王」と呼ばれた眞鍋かをりのブログ。
どの記事を読んでも、
「うまい!」
と唸らせる。もうブログ界のベテラン。
達人の域かもしれない。

文章の作り方も必ずネタを織り込む玄人さ加減に脱帽。
さらに、大量の「一般人」からのトラックバックスパムを受け付ける懐の深さに、
男気を感じざる得ない。
他の芸能人ブロガーと一線を画してる。



今回選んだ基準は、

1.文章の面白さ
2.文章の読みやすさ
3.人柄やセンスが文章に出ている
4.写真の使い方が効果的
5.手が痛くなるまで

となっている。
是非、一読あれ。


2006-05-04

世界一小さい新聞

blog.nikkansports.comというのをご存知だろうか。
スポーツ・社会等のニュース・コラムを積極的にBLOGでニッカンスポーツが配信している。これだけ聞くと、世のブロガー様方は「もう興味無し」の烙印を押してしまうかもしれない。

この手のブログは、
1.内容が無難過ぎて詰まらない(論議の余地がない)
2.トラックバック・コメントも受け付けず、BLOGとも言い難い
これらの理由で大体が、「面白くない」で片付いてしまう。

ちょっと待て!
「世界一小さい新聞」は違う。

トラックバック・コメントを受け付けているのは当然として、かなりデリケートな問題をバッサリと言い放ってる。むしろ挑発的とさえ思えるぐらいだ。とても新聞社のモノとは思えないくらい偏った発言が目立つ。

「清原選手の筏(いかだ)」
清原選手の「「故意」で死球を投げてくる投手は、見ていて分かる」発言を受け。
しかし、死球を故意に投げる不埒な投手の心を抑制できる策はあるはずだ。
選手会の幹部が上部組織に働きかけてみてはどうだろう。
死球とその後遺症に悩む清原選手や、すでに選手生命を絶たれた選手を思うと、
このままにしておくことは、道義的にも、問題があるのではないか。


(故意かどうかの判断はどうするのか?無差別にそんな事したら、若手投手なんぞインコースに投げられないようになるのが見えている。相当な強心者以外、当てるぐらいの気持ちでインコースに投げないとインには行かない気がするのだが。)

「ボクはママに抱かれたかった」
「人工妊娠中絶手術」は悪い事というスタンスから、「仕方なく人工妊娠中絶手術を行った方の気持ちを考えてない」「色々な立場の中絶した方に何故中絶したか取材すればいいじゃないですか。」と批判を受けている。確かに人工妊娠中絶手術≒悪い事とするのは、余りにも安易。
さらにめげず「ある危険な調査」では、「また中絶率の高い州は、低い州に比べて、犯罪率が15%も低いという結果もでた。」という逆の資料までも持ち出して来たタフガイだ。

大体の新聞が、(右寄り、左寄りはあるものの)大衆が不満を示すような文章を書く事は少ない。それは、偏り過ぎた観点からの文章を避けているためだ。ただ、このブログは凄く偏っている。偏ってはいるが、コメント・トラックバックを読むことによって偏りは修正されている。

つまり、非常にツッコマブルに長けている。
久々に見る良いブログである。

大学の就職活動のとき、新聞を読む≒日経新聞を読むという意味の分からないスタンダードがあった気がするが、むしろこう言ったBLOGに突っ込んだり、突っ込まれたりする方が良い経験になるはず。

コレだけ偏っていると、コメント・トラックバックを付け易い(気負いしない)のがポイントだなと。読むだけの方は、とりあえず記事が出てすぐより、コメント・トラックバックが付き出してから読むのが面白い。

世界一小さい新聞


続きを読む

プロフィール

yasubox

Author:yasubox
面白さを搾り出せ!爽快!生!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
バナー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる